FANDOM


ダンジョンズ&ドラゴンズ・ベーシック・セット (Dungeons and Dragons Basic Set) とは『ダンジョンズ&ドラゴンズ』シリーズのうち、1974年の元祖『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の第2版として1977年に発売されたテーブルトークRPG。こちらは、2000年に『アドバンスド・ダンジョンズ&ドラゴンズ』第2版の後継として『ダンジョンズ&ドラゴンズ第3版』が登場するまで、長らく『Dungeons & Dragons』というの名前が第5版まで使われ続けた。

これと同時に平行して『アドバンスド・ダンジョンズ&ドラゴンズ』が発売された。 2000年以降に『アドバンスド・ダンジョンズ&ドラゴンズ』の後継第3版としてた『ダンジョンズ&ドラゴンズ』と区別するためにこの旧版のシリーズは『クラシック・ダンジョンズ&ドラゴンズ』と呼ばれることがある。

このシリーズではDungeons & Dragons Basic Set の第4版が新和によって翻訳され、第5版にあたる Dungeons & Dragons Rules Cyclopediaメディアワークスによって翻訳されている。

新和が翻訳した Dungeons & Dragons Basic Set の第4版は赤い箱に入っていたことから日本国内では「赤箱」と呼ばれている。

Red boxs

左が新和が発売した赤箱。中央が『ダンジョンズ&ドラゴンズ第4版 スターター・セット』。右がその日本語版。

Classics boxs

赤箱に続いたクラシックD&Dの「青箱」「縁箱」「黒箱」

Classic books

クラシックD&Dのそれぞれの箱の中身